テーマ:D51

THE TIME MACHINE 1978

今日は日頃の疲れが出たみたいで、1日中寝てました。(^_^;)写真を撮りに行こうにも、大雨で地元の長崎本線や唐津線は、お昼近くまですべて運休してたようです。なので今日はまた古い新聞記事から。(^0^;)今回は、九州初となる「SLホテル」(湯布院町営)の開業に向けての記事。カマは現役当時日豊本線で走っていたD51-1032号機です。実際に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あれは3年前~♪3日目!

10月3日(平成27年のハナシです!)、何かの情報で得たD51-498牽引のイベント列車を撮りに高崎駅です。ほんの少し前に別のイベント列車(DD51のプッシュ・プルによる12系客車6両)も同じホームから発車しており、ファンや家族連れで大盛況でした。 宿泊したホテルに煙りがな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

市役所のD51。

街中まで出る機会があったので、久しぶりに市役所の爺様を訪問しました。 再塗装され黒光りする爺様。番号板も新調されています。 驚いたことに前面にあった花壇は無くなり、デッキが設けられています。 間…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ダンボール製D51、今何処?

4年前に鳥栖で見た、ダンボール製、原寸大のD51。 材料はダンボールなれど実物大!なかなかの迫力です。 部品ひとつひとつ、公園などの保存蒸機に尺を当てて採寸して作ったとのこと。門デフ仕様が心憎い! 制作者は長崎…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

キレイになった市役所のD51。

佐賀駅に行った折、何気なく見た掲示板・・・ ナニナニ・・・市役所のD51がキレイになった? で、気になるので早速行ってみました。 ホントだ。塗装が新しく輝いています! 番号板は新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

去年の今日、10月3日。

昨年の一人旅を回想しています。こんな贅沢な旅は生涯もう無いかもしれないけど、死ぬまでにあと1回! とか思う、もうじき53歳です。 生きた蒸機は、外人さんにも大人気! そして横川へ移動してEF63や、D51のナメクジとご対面。{%わーい(嬉しい顔)docomo%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごほうび旅行番外編:「ちょっと変わったトレインシミュレーター」。

トレインシミュレーターはイロイロあれど、蒸機のソレはココしか無い、大宮の「鉄道博物館」。カシオペアの向谷 実氏がプロデュースした、世界に1台しか無い、本物のD51のキャブを使った蒸気機関車の運転シミュレーターです。 私が行った日も人気は上々で、常に行列ができおりました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族仕業と戦時型D51。

家族仕業で訪れた大分県湯布院町であります。一旦宿にチェックインすると、お客さん(家族)は夕食までこの地を観光したいというものだから、運転手の私は歩いてお供することに致しました。 さて、この地の観光地たるメインストリートの人混みにはいささかうんざりしながら、私はお客さんに付いてゆ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごほうび旅行顛末記 その10 (高崎でD51!)

DD51のプッシュ・プルの興奮冷めやらぬ鉄ちゃんたちの目の前に、今度はD51-498がやってきました。 ここ高崎から「SLみなかみ10の感謝祭号」で旧型客車5両を牽きます。 さすがに熊本のハチロクより重厚な機関車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市役所の爺様。

シルバーウイーク・・・寝耳に水の大型連休。 でもコレといって予定も無いので、久しぶりに性市役所、いやいや佐賀市役所で静態保存されている爺様(D51-206)に面会です。 ココに保存された当初は、地元のローカルニュースで報じるほどの人気だったのを覚えて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダンボール製、実物大のD51!

ななつ星撮影場所からテクテク歩くこと約25分。鳥栖市民文化会館に到着です。 実はココでこういう展示が・・・ ステージにD51がドーン!周囲には写真パネルやプロジェクターで昔の鳥栖駅、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

父の鉄道写真館【最終回】

あっという間に最終回です。もう少し撮っててくれたら良かったのですけどね~ 今回の撮影場所は不明です。 手前にD51-9号機、奥に入れ換え中?のハチロクが見えます。 ちなみにこの「なめくじ」は昭和48年8月10日付けで南延岡機関区で廃車となり、解体され現存しません。 父のネタもここまで。{%冷や汗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「九州鉄道記念館」を見学する【その6】

うす曇りはしているものの、雨の心配は全くありません。階段を少し上ると赤レンガの本館が建っています。旧九州鉄道の本社屋だったそうで、古くは鉄道院の時代から国鉄の時代まで使われた九州鉄道の生き証人的建造物です。 振り返ると門司港の町並みが広がります。白い「関門橋」も少し見えます。 それでは、中のほうへ{%うれしい(ルンルン)hd…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more