テーマ:保存蒸機

THE TIME MACHINE 1985.8

早いもので、明日から8月ですね。今回は、毎年お盆前に国鉄OBによって大掃除されていたこの機関車の新聞記事から。以前は鳥栖市役所の広い駐車場の片隅で保存されていました。*昭和60年の新聞記事より 現在は鳥栖駅の東側に移設され、駅を発着する列車を見守っています。実はココ、現役当時このカマにも馴染み深い、操車場や機関区のほぼ敷地。国宝級のこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

回想:初梅小路で初スワローエンぜル。

ネタが無いからといって、ブログをほったらかしにできない私の今宵のテーマは「回想」です。初めて「梅小路」に行った時の施設の印象など、綴りたいと思います。(´▽`)日付を見て驚くのが、高校生時分の修学旅行は、何と夏休みの8月に行われていたことです。(もう記憶が・・・)ここには載せていませんが、写っているクラスメートの服装が夏服なのと、使った…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

THE TIME MACHINE 1978

今日は日頃の疲れが出たみたいで、1日中寝てました。(^_^;)写真を撮りに行こうにも、大雨で地元の長崎本線や唐津線は、お昼近くまですべて運休してたようです。なので今日はまた古い新聞記事から。(^0^;)今回は、九州初となる「SLホテル」(湯布院町営)の開業に向けての記事。カマは現役当時日豊本線で走っていたD51-1032号機です。実際に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

回想:梅小路のD50。

このところネタの収穫が追いつかず、今宵も回想です。<(_ _)>梅小路といえば、いろんな蒸機が保存されていますが、九州ゆかりのこのカマを忘れてはなりません。(´∀`)現役終盤は筑豊で有名だった機関車です。当時は9600型の影に隠れて、この少数派のD50でも、コレをさらに改造したD60の方が多く、原型のD50はかなり希少だった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月10日は、私のアレの記念日。(笑)

今日10月10日は、私の18回目の禁煙記念日。何度も悪魔がささやき、その度に苦悩した日々・・・「あ~、煙が無いとやってられない・・・」何度も試みるも挫折してばかりの禁煙でしたが、年明けには二人目の子供が生まれるからと、本気で頑張ったものでした。{%ファイト(チカチカ)hde…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大町のキューロク。

タマにはこの爺様に会いたくなり、大町駅横のココです。8月末の豪雨では、エラい目に遭った大町町。この爺様も、さぞ驚いたことでしょうネ。それにしても、コテンパンに荒らされています。誰がいたずらしたものか、私が知る限りかなり昔からこんな痛々しい姿です。似ても似つかない作り物の番号板すら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

祝!新元号決定!

「平成」に代わり、5月からの新元号は「令和」に決定! どうか良い時代になりますように。 撮影:平成9年5月25日 梅小路蒸気機関車館 にて
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

回想:梅小路のC53。

国産の3シリンダー蒸機といえばC53型です。 その貴重なC53で現存する1両(45号機)を見ることが出来るのは京都のココ、梅小路蒸気機関車館。 足回りの繊細なディテールは「素晴らしい」の一言に尽きます。写ってませんが。 もうこの機関車が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あれは3年前~♪4日目!

ネタの収穫がままなりませんので、3年前の今時分に敢行したビッグジャーニーを回想してしのいでいます。きょうはその4日目。どうぞ、ご笑覧ください。 昨夜の道のりを今朝は逆に下館駅まで歩きます。道が分かってる分、早いです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市役所のD51。

街中まで出る機会があったので、久しぶりに市役所の爺様を訪問しました。 再塗装され黒光りする爺様。番号板も新調されています。 驚いたことに前面にあった花壇は無くなり、デッキが設けられています。 間…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

お土産は、生八つ橋?

昨日から下の娘が、オープンキャンパスの見学で京都に行ってます。 今は良いですね。私の頃はクチコミやパンフレットが頼りでしたが。 まあ父は大学ではなく、観光(鉄ちゃんが喜ぶアソコ)で京都に思いをはせるだけ。 ただ、できればお財布にやさしい、地元…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山口線でC56がラストラン!?

山口線で走る姿が定着して久しい、梅小路のC56-160号機が、突然のさよなら運転。 何か重大な不具合でも見つかったかナ? 今後はC58みたいに、梅小路で静かに余生を送るのか?もちろん「静態保存機」として。 はた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

工場の保存車両。

表門から入った所。以前C59-1が鎮座していた場所には、C12とクハ481が並んでいます。 ↓C59-1 撮影:平成11年10月 現在は門司港の「九州鉄道記念館」でピカピカになって保存されてますヨ。 昔は豊肥本線で活躍したC12-222。福岡市内の小学校で保存され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

意外なオハナシ。

小学校の教科書にも載ってた陸蒸気の1号機関車。 そんなエラい機関車が、昭和初期まで九州は長崎県の島原鉄道で余生を送っていたなんて・・・ 画像は、博物館に収蔵されることが決まった昭和5年に1号機関車に取り付けられた、当時の島鉄の社長が惜別と御祝いの念を綴っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国鉄230形268号機関車。

応援したチームが負けたサッカー観戦。(5月24日)重い足取りで駅を目指す途中で、博物館クラスの機関車をタダで拝めるシアワセ。 明治38年製造の汽車製造會社製Bタンク機。永く鳥栖に居て、機関区や操車場の入れ換えなどに使用され、廃車後はあちこち切り開かれ鉄道学校の教材になり、最後…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

キレイになった市役所のD51。

佐賀駅に行った折、何気なく見た掲示板・・・ ナニナニ・・・市役所のD51がキレイになった? で、気になるので早速行ってみました。 ホントだ。塗装が新しく輝いています! 番号板は新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

回想:マイテ、入換え中。

久々の「やまぐち号」ネタです。 マイテなどの旧型客車を12系に併結しての運転が板についてきた昭和63年。一通り運転を終え帰り着いた「小郡運転区」での「やまぐち号」用客車。常に最後尾に連結される展望車マイテ49-2が明日の運転に備え方向転換の為、DE10のお世話で転車台へ移動中の様子です。{%ウィンクdoco…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

健診結果。

先日、年に一度の健康診断を受けまして、あんなトコロやこんなトコロを、しっかり診てもらいました。 その結果が届きましたので見てみると・・・ ん~ナニナニ・・・ 十二指腸球部変形って?初めて聞くな。 症状あれば胃カメラを受けて下さい、だって。{%顔モジヒヤッ(シ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

今季初。(笑)

今日、この春初めて「つばめ」(鳥の)を見ました。 元気にシュイ~シュイ~シュウイ~~ッ!って飛んでました。 思わぬ春告げ鳥の飛来に、月末からの「黄金週間」も頭をよぎります。 さあ、今年の黄金週間は何をしまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっと日曜日。

ようやく明日は休み。天気も悪そうなので、自宅で充電でも。 気が向いたら、デアゴスティーニのC57の組み立てをやるかナ~って、思っています。 撮影:昭和61年11月22日 山口線の・・・何処だったっけ? 使用フィルム : エクタクローム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族仕業と戦時型D51。

家族仕業で訪れた大分県湯布院町であります。一旦宿にチェックインすると、お客さん(家族)は夕食までこの地を観光したいというものだから、運転手の私は歩いてお供することに致しました。 さて、この地の観光地たるメインストリートの人混みにはいささかうんざりしながら、私はお客さんに付いてゆ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごほうび旅行顛末記 その10 (高崎でD51!)

DD51のプッシュ・プルの興奮冷めやらぬ鉄ちゃんたちの目の前に、今度はD51-498がやってきました。 ここ高崎から「SLみなかみ10の感謝祭号」で旧型客車5両を牽きます。 さすがに熊本のハチロクより重厚な機関車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後ろ姿に風情あり。

顔は個性的な集煙装置や派手な装飾のせいで、違和感を覚えるC57-1です。 でも意外に素の蒸機を感じることのできるアングルがあります。それは・・・ テンダーの後ろ姿。装飾もそれほど無く、極めて昔の現役の姿に近いと思うC57-1の一面。好感が持てます。 ところで最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市役所の爺様。

シルバーウイーク・・・寝耳に水の大型連休。 でもコレといって予定も無いので、久しぶりに性市役所、いやいや佐賀市役所で静態保存されている爺様(D51-206)に面会です。 ココに保存された当初は、地元のローカルニュースで報じるほどの人気だったのを覚えて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう1回、行っておきたかった?「梅小路」。

8月一杯で終止符を打った「梅小路蒸気機関車館」。43年間の歴史に幕を下ろしました。 来春にはスケールアップして、リニューアルオープンするそうですね~。楽しみですが・・・ちょっと遠い。 ココは蒸機好きの聖地でした。少なくともココに来る大人は、間違いなく蒸機に時間やお金をどれ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

有佐でハチロク。

何の情報も持たず、ただ野生の勘で?有佐駅で降りてしまった私。 土壇場で使えそうな場所を見つけましたが、その出来映えは・・・ 無茶な冒険でしたが、まあまあ良かった。展望デッキ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

大町のキューロク。

「ななつ星」を撮りに肥前山口駅の西までやってきたついでに、沿線の風景がどんなものか見てみようと、少し足を延ばしてみました。 途中大町駅近くの国道沿いに、イヤでも目に入る29611が居ますので寄ってみました。 いたずらや老朽化で相当傷んでいます。 こんなトコロに落書きな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実家のコレクションをあさる!その17

最近は収蔵される車両が話題になることが多い、リニューアルされる梅小路。 以前は小遣いを貯めて何度か足を運んだものでした。 で、行けば買ったイクチのミニナンバープレート。あの売店(キヨスク)で売ってるアレです。でも社会人になると1/1のC622の番号板まで買…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

武雄のC11。

昔から知っているのに、なかなか撮ったことが無い武雄市のC11-259号機です。 JR「武雄温泉駅」からほど近い「SL公園」に鎮座しています。実は佐賀県内に保存された唯一のC11型なのです。 後部には、コールバンカーを貫通する「通気口」が2箇所。如何にもバック運転をする、暑い九州の機関車です。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more