テーマ:鹿児島本線

回想:ED76の重連貨物。

「重連」という文字は、平野の住民には憧れの言葉です。(^_^;)2両以上の機関車が協力して、1本の列車を走らせる・・・大概、峠越えや難所で重い列車を、力強くに牽いたり押し上げたりする際に見られる光景です。だから、回送を兼ねた重連以外は平野部では縁がありません。この列車はコンテナ列車で、いつもED76の重連で運用されていました。ヘ(^o^…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鳥栖はやっぱり面白い。

博多からの帰り、鳥栖駅で後続の貨物が入線してきます。(´▽`)機関車はED76ー1022号機。変ったタンクコンテナが載っています。あとで時刻表を見て確認しますが、この列車は発見できず。(^◇^;)模型みたいな光景に思わず満足!満足!ヽ(^0^)ノ撮影:令和元年10月26日 鳥栖駅 にて ところで明日と明後日の2日間は、久しぶり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日の「ななつ星」、10月26日。

今日の「ななつ星」は、アレレ!(゚▽゚*)?いつもの伊賀屋駅周辺じゃないぞぉ~? (^_^;)実はワケあって、今回はプチ遠征です。(^o^)いつもと違う場所で撮るのは実に新鮮ですナァ~。で、現れたけど、今にも停車しそうな速度で入線してきたので「コレは南福岡駅停車だったっけ?」って真剣に考えていると・・・ホーム半ばで黒煙吐いて猛ダッシュ!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

回想:原田駅でED76。

原田駅を通過していくED76-1010号機牽引の14系座席車。臨時?団臨?全くノーマークな列車に興奮しています。背後の旧客は、引退し原田駅で疎開留置中のもの。 このED76-1010号機はJR発足の際にJR貨物の機関車になったので、客車を牽く姿もあと一時という頃。{%ほっとした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

回想:423系の非冷房時代。

九州北部の電化路線の殆どで姿を見る事が出来た423系。「交直両用近郊型電車」のグループにあって、421系の改良型なれど、415系未満な存在は地味な印象です。 ただバリエーションが豊富で、冷房化改造が始まると様々な方式が採用され、ヘッドライトの形状や窓埋め、その他の相違点を並べると、実に奥が深い形式でした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

回想:正調・クモハ有明7連。

JR発足直前の昭和61年辺りは、改造車が全国的に大量発生し、その後の波動輸送、小編成に対応できるように九州の485系にもクモハやクロハなどの改造車両が多数お目見えしたものでした。 画像は7両編成の特急「有明」。博多方の先頭はクモハ485-0番台、西鹿児島方の先頭はクロ480で、クモハもまだ派生型の100番台…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

○○ー○運転士。

ココは「九州工大前」という鹿児島本線の駅。昔は「新中原(しんなかばる)」という名前でした。奥に見える赤い吊り橋は「若戸大橋」。右に見えるインターは北九州都市高速の「戸畑インター」という立地。 昨年ココの近くにある某工業系研修施設で、クレーン運転士の免許を取りました。勿論仕事上のことで、会社に高い費用を負…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

回想:ED76の重連貨物。

こんなのが毎日見れた学生時代。 もっと撮っとかんといかんやった・・・ ED76 34+ED76 56 撮影:昭和61年 基山駅-田代駅間 にて 使用フィルム:Tri-X pan 
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

回想:鳥栖に止まらない「なは」。

午前7時。眠くてあくびが止まらない高校生が、鳥栖駅と田代駅の間に架かる「たかはし」からバカチョン・カメラを向けるのは、鳥栖駅に進入していく京都発・西鹿児島行きの33M、581系の寝台特急「なは」。 大抵の列車は鳥栖で停車するのに、この「なは」は2つ先の久留米目指して通過していきます。485系の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

回想:「サウンドエクスプレスひのくに」の団臨。

「ふれあい町民号・合併30周年記念旅行」のヘッドマークを掲げた熊本のジョイフルトレイン「サウンドエクスプレスひのくに」。キハ58系のお座敷気動車です。 カラオケセットが自慢の同列車。どこの合併か知る由もありませんが、車両が熊本なので、おそらくそっちかと。 でも派手な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

回想:麦秋と「みどり」+「かもめ」。

大学の講義もそこそこに、夕方ちょい前の田んぼの中で、鉄研の仲間と放課後鉄などしています。 でも、通ってた大学からココまでは、まあまあの距離があるので、メンバーはみんな原チャリ鉄ちゃん。 某健康飲料の工場裏で、貨物や各停などを撮ったついでの485系「みどり」+「かもめ」です。{%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

回想:原田でコンテナ。

いつもお立ち寄り戴き、誠にありがとうございます。 今宵はまた「モノクロネタ」です。場所は32年前の原田駅・・・・。 大学の4講目もしっかり受けて、鉄研の部室でバカ話に花を咲かせた後、スクーターでブラッと原田駅へ行くと、いつも夕方の上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

回想:水前寺「有明」。

博多と、豊肥本線水前寺(当時は非電化)間を結んだ、クモハ485-100番台+モハ484+クロハ481の3両編成が特徴の水前寺「有明」。それにしても、編成が本当に短い! 今さらですが、豊肥本線内で発電機を積んだヨ8000を挟んで、DE10に推進される姿が見てみたかった。{%がっか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

回想:原田のはずれでED76。

回想はずいぶん久しぶりな気がします。タマには良いですネ。 場所は、鹿児島本線原田(はるだ)駅の南側。ググッと右にカーブすると、まもなく国道3号線と並行するあたり。このカーブ区間には、鉄製の細い橋が架かっていて、そこから撮ったED76(1008)の単行です。 当時は…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

回想:待たずに撮れたボンネット。

じっと待ってれば、次々にボンネットが来た鹿児島本線。このころ、「有明」は783系になっていましたが、「かもめ」や「みどり」では改造車ばかりでしたが多彩な485系のボンネットスタイルが拝めました。 それはそうと、このクロ481はタイフォンの調子が悪いらしく開きっぱなし。 撮…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

回想:フツハルで「みどり」。(笑)

なんでもこの辺のことを今は「テンハル」と呼ぶそうです。鹿児島本線天拝山駅-原田駅間の樹木がこんもりした、なかなかカンジの良い場所で有名なエリアです。ただ私が通っていた頃には「天拝山駅」など未だ存在せず、「原田駅」の隣は「二日市駅」の時代でした。だから、今風の呼び方でいうと「フツハル」とでも呼びましょうか。{…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

回想:クハ481-502の「かもめ」。

国鉄末期によく見られた他系列からの改造。485系では181系から2両のクハが改造・編入され、驚いた人も多いハズ!元々の485系とは1段低い車体高がユニークでした。 このクハ180からの改造車クハ481-502とは相性が良いのか、ちょくちょく出くわし撮ったものでした。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お昼休みに。

今日から10月7日までの予定で、とある資格を取るために北九州市へ通うことになりました。もちろん仕事用です。 買って来たコンビニ弁当を食べ終わり、会場近くの跨線橋でしばし「携帯鉄ちゃん」。若戸大橋を背後に885系はちょっと新鮮。 でもコレが来た時には少々慌てました。{…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

回想:快走!クモハ485-0番台!

今日は「休日出勤」、「止まない雨」、「ななつ星長期運休」でネタの収穫全然なし。 なので、今宵は「回想」で~す。 モハ485の先頭車化改造で生まれたクモハ485-0番台。「まさか485系でクモハが出るなんて」とか思ったものですが、その後の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

回想:登場間もないハイパーサルーン。

鹿児島本線の特急「有明」のスピードアップと、国鉄の民営化でイメージチェンジを図りたいJR九州のフラッグシップ・トレインとして登場した783系「ハイパーサルーン」。それまでの485系よりグイグイ加速する様はまさに「ハイパー」。女性客室乗務員の「ハイパーレディ」に新時代の特急電車としてアピール度は上々でした。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

回想:西鹿児島で583系。

先日、最後まで残ったJR東日本の583系がラストランとのTVニュースを見ました。昼行特急、寝台特急で長距離運用と酷使されたものの、よくぞ今まで走ったものです。本当に「お疲れ様!」と言ってやりたいデス。 画像は中学校の修学旅行最終日、西鹿児島駅から武雄温泉駅へ向かう帰りの修学旅行列車に乗り、発車後すぐに見…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

回想:415系鋼製車。

九州でフツーに見られた昭和末期の415系です。白く塗られた415系も日を追うごとに数を増やしてはいましたが、この時点ではまだまだこの「旧塗色」が一般的ないでたちでした。 方向幕は取り付け準備に留まり(後年整備されました)、塗色は国鉄交直流電車色。まだ傷みの無いキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

回想:広大な鳥栖操車場。

鹿児島本線と操車場をまたぐ「高橋」という、その名の通り見晴らしの良い県道の陸橋からの俯瞰。なんだか模型みたいで大好きな眺めでした。ヤードには仕分線の転轍小屋と、中に人がいるのか自転車に乗った職員が会話でもしている様子。その奥には、これから坂阜(ハンプ)にかけられる貨車を従えたDE10と、転配か廃車の客車の姿・・・{%わーい(嬉しい顔)d…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

回想:423系冷改三態。

北九州電化のパイオニア421系の増備として大量投入された423系。懐かしいですネ。 のちに415系が新製配置、増備されると、共存する423系に目立ったのが、全車非冷房仕様なこと。夏は暑い九州。ここはサービス向上とばかり、冷房化工事に着手したものの、老い先短い423系冷改へのコストを抑えるために様々なタイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

回想:乗務員用なら良いのか?

乗務員ドアが開いてま~す。 流し撮りで遊んでて遭遇し、「」とか思いましたが、「おおらか」というか「大雑把」な、民営化半年前の締まりのない1枚。 もしかしてエアコンが故障した?
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

回想:基山で715。

長崎・佐世保線を走るイメージの強い715系でしたが、配置区は全車「門ミフ」。鹿児島本線を走って家と職場を往き来する福岡市民でした。 でも、長崎本線の起点、鳥栖駅までの移動だってお客さんを乗せてしっかり稼ぐ働き者でした。 近くの民家の飼い犬に延々と吠えられな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

回想:みどりぃ~の中をぉ~走り抜けてく真っ赤な○○♪

タイトルの通りです。筑豊本線が分岐した所から少し二日市寄りの山岳路線風の景色を抜ける貨物です。赤いED76が、午後の西日に光りながら鹿児島本線を上っています。 最近残業がひどく、回想ネタが多くなってマス。 いろんな意味で大丈夫か?オレ。{…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

回想:ひょうきん485系。

少々ピンボケの見苦しい画像で申し訳ありません。鹿児島本線原田駅近くの線路際で撮った485系「有明」です。先頭はサロ481の先頭車化改造工事で生まれた新型式クロ480。 この編成の反対側の先頭車はモハ485を、これまた先頭車に改造したクモハ485でした。 月光型改造の715系が登場したのも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

回想:多々良川で貨物。

頻繁にやってくる列車を飽きもせず眺めていたら・・・いつしか日は沈み、宵闇が迫ってきました。 もう帰ろうか?思っていると、そこへやってきた貨物列車。 ボギー台車とは違う2軸貨車のジョイント音が、川面を揺さぶらんばかりに延々と響き渡り、列車は鹿児島本線を上って行きました。 (画像が黒過ぎて、これぢゃ~何か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more