「バルーンさが駅」で「或る列車」。(^_^;)

先日は実に中途半端な撮り方&掲載をしてしまい、この次はちゃんと撮りたい「或る列車」です。(^_^;)
でも伊賀屋辺りまで撮りに行く体力が絞り出せず、若干近い「バルーンさが駅」で迎えます。
通過時刻は第六感に頼って来ましたがビンゴ!ビンゴ!(^◇^;)
DSC_0118.JPG
車中ではどんな料理が出ているものやら。
それより、草生した堤防でショートパンツ姿で撮ってる私。
草まけや虫刺されが気になり、落ち着けません。(;´Д`)
DSC_0119 (2).JPG
そんな私を尻目に、悠然と去る「或る列車」。
DSC_0128.JPG
散歩している人
「今の列車、何ですか?」
と聞かれ、
「JR九州の或る列車です」
って答える私。アル列車だなんて・・・(;´Д`)
「食堂車で、すっごいご馳走が食べれる列車なんですよお~!」
っていうセリフが、何故に出てこない?(__*)
DSC_0131.JPG
ま、この次聞かれたら、そう言おうっと。(^_^;)

撮影:令和2年8月2日 バルーンさが駅 にて

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 20

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年08月13日 16:31
のりぃさん、こんにちは、、いつもご訪問ありがとうございます。
この“或る列車”、私もコレクションで欲しいのですが、それよりもまず実車を見てみたいですね(苦笑
横浜の原鉄道模型博物館を開設された故・原信太朗さんが考案した幻の列車「或る列車」をもとに、水戸岡さんが設計した車両ですよね。
JR九州は楽しい列車が多く、Nゲージとしても欲しいものが多くあります(
2020年08月13日 20:52
OTSUKYONさん、こんばんは!<(_ _)>
コレ、なかなか派手な列車です。キンキンピカピカです!(^_^;)
かつて九州鉄道が造った鉄道旅を楽しむ為の列車を、JR九州が再現しようと思ったら、意外に資料が無くて原鉄道模型博物館に頼ったらしいです。(^_^;)
もっとも、元祖は客車でコレは気動車。唐草模様は、開放型デッキの装飾をモチーフにしています。(´▽`)
鉄道旅を贅沢に楽しむコンセプトは令和の時代に再び歓迎され、瑞風やななつ星、四季島へと受け継がれている訳ですネ~。(´∀`)