回想:電機!電機!電機!

九州の電機の聖地(と勝手に呼んでマス。)門司機関区にお邪魔した際、どう撮ったら機関車で賑わう光景が記録できるか考えた結果、「離れて全景を撮る!」で、何のヒネリも無く撮ってみたカットです。
画像

ED76やギリギリ残っていたEF30と新顔EF81-400番台などで賑わう(写ってませんが離れにはリタイアしたEF70も!)大きな機関区らしい光景です。これでも電機の区域しか写っておらず、ディーゼル機のエリアを合わせると、相当な規模でした。
中央の人だかりは、一緒に行った仲間と付き添いの職員さん。
今、思い返しても「夢」のような1日でした。

撮影:昭和61年9月30日 門司機関区 にて
*許可を得て撮影

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 17

驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

門ハイ
2017年11月23日 16:07
こんにちは。
民営化直前ですが、まだまだ国鉄の香りが残っている感じですね。EF30がいると、ココの印象が引き締まりましたね~♪
のりぃ
2017年11月23日 22:48
門ハイさん、こんばんは!
本当はEF30がズラッと並んだ光景(どっかで見たんです)を撮りたかったのですが、赤色系の機関車が並んでいました。ま~それでも2両のEF30が写っていたのには救われましたデス。

この記事へのトラックバック