今日は「715」の日。(;´∀`)

考えてみると、去年も同じタイトルで記事を書いてました。
地元を走っていましたので思い入れもあり、今年もコレで参りま~す。
場所は南福岡電車区。横に写るは当時最新鋭の415系1500番台。中古車改造の近郊型715系との並びは、九州の鉄道新時代を感じさせました。
画像

グリーンの帯や、寝台用の小窓が残る、九州の715系初期の姿。学生時代には通学の足として、ずいぶん御世話になったのも懐かしい思い出。
画像


撮影:昭和61年12月20日 南福岡電車区 にて
使用フィルム:フジクロームRD
*許可を得て撮影

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 22

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

門ハイ
2017年07月16日 08:33
おはようございます。
緑線の最後の頃ですね。私もコノ時期に鳥栖→佐世保まで乗車しましたが、さすが特急の乗り心地で楽だったのを憶えています。架線事故の夜行新幹線からの乗り継ぎで、朝イチだったので通学高校生はお得だなと思いました。あと3年くらい長生きしていれば、月光色でリバイバルしてたかもですね。九州では約40年間活躍しました、偲んで合掌です。
のりぃ
2017年07月16日 21:30
門ハイさん、こんばんは。
特に壁に埋め込まれた窓側の席の肘掛けは印象深く、とてもお得な各駅停車でした。
月光色で走る姿は見たかったですネ~。門司港にクハネ(クハ)が1両保存されていますから、久々に会いに行くのも良いナ~なんて、現在思案中です。

この記事へのトラックバック