回想:さよなら国鉄の日【その1】

世間では金、土、日の3連休だというのに、今日も明日も仕事の私。
最近は「疲れが顔に出てますヨ」なんて言われることもありますが、あと少しの辛抱です。家計のためにも頑張るオヤヂなのです!

さて、本題。

3月も終わりの頃になると、毎年思い出す「国鉄分割民営化」です。
今回は私なりに地元で記録した「国鉄最期の日」を回想してみたいと思います。

いよいよ国鉄最期の日。
地元「佐賀駅」に行くと、普段とは違ういろいろな動きが見られ、「本当に国鉄が終わってしまう・・・」と今さらながら実感していたものでした。
画像

かつての佐賀駅長による出発式などもあり・・・
画像

「さよなら」でありながら「お祭りムード」の、ちょっと複雑な気持ちながら記録をする私でした・・・

つづく

撮影:昭和62年3月31日 佐賀駅 にて

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2014年03月21日 23:53
こんばんは。
この時は社会人2年目を迎えようとする頃で、鉄冷え込み中なので、撮っておけば良かった時期に当たります。
この1ヶ月後に佐賀お召しがあったり、1年限定のJR九州松浦線があったり、変化の激しい年でしたね。
のりぃ
2014年03月22日 21:40
門ハイさん、こんばんは!
この頃はホントにいろんなことがありましたが、私もこの年の4月に社会人デビューでしたので、JR発足後は記録のペースがガタ落ちしました。
お召し列車、ありましたネ~。植樹祭でした。仕事をサボって拝みに行ったのを思い出します。ずいぶん無茶しました。

この記事へのトラックバック